自転車レーンについて

歩道内にあるやつ

* 歩道の中に作れば、今までとそんなにガラッと変わるわけでもないし、自動車に轢かれる心配も少ないからいいのかもしれないけど、歩道の中は確か自転車は徐行が原則だし、段差も多いせいで、あんまりずいずい漕げなくて不便。 * 自転車が走るためのエリアというよりは、歩行者に対して「ここは自転車が走ってくるかもしれないよ」ってぼんやり伝えてるだけでしかない気がする。 * あと途中で道幅が狭くなったりすると、急に自転車ゾーンが消えて「後は適当に考えて」って感じになるのもすごく困る。 * フラフラ歩いてる歩行者よりは自動車の動きの方が予測しやすいし、こういう場合は車道走ったほうがむしろ安全かもしれない。

車道にあるやつA

* 亀戸の駅前辺りで見たのは車道の中にきっちりガードレールで仕切られた自転車レーン。 * イメージとしては歩道の外側にまた歩道と似たような造り。なんだけど、交差点とかでレーンが切れるところにまで歩道と同じような感じでいちいち段差があってすごいストレスが溜まる。もしかしたらスピードだし過ぎないように的な配慮なのかもしれないけど、作った奴いっぺんここ走ってみろよって言いたくなる。 * あとガードレールで仕切られてる上に道幅が狭いので、向かってくる自転車と相対したときに逃げ場がなくなる瞬間が度々あってだるかった。

車道にあるやつB

* 三軒茶屋の方、世田谷警察署前の交差点で玉川通りとぶつかる道はこう。特別仕切りもなくて色分けがされてるだけ。上の二つであったような嫌な点がほとんどない。 * ここの場合はちょっと狭いけどこのパターンが一番いい。

完全に切り離されてる

* 晴海通りを祝田橋のほうへ進んでく途中の日比谷公園の横の車道の一部は地下道が合流してくる車線が壁で仕切られてて、その壁と歩道の間が二輪車用のレーンになってる。 * 走りにくくなる要因がほとんどないし、バイクは来るけど自動車が来ない分完全に切り離されてて一番安全だと思った。 * ただ道路のほんの一部の話でかなり特殊な例なので、特にこれをすべての道路に求めようとは思わない。

changed April 26, 2009