ハロプロ楽曲大賞2011 楽曲部門
ハロプロ楽曲大賞2011 アイドル楽曲部門
AIEA2011

ハロプロ楽曲大賞2011の楽曲部門に投票したやつ

パン屋さんのアルバイト / スマイレージ (3.5pt)

スマイレージはリリースされたシングルがどれも良かったし、そのA面の曲のどれかを入れても良かったのだけど、ギターで始まるイントロの高揚感とか、恋愛への不安とか戸惑いを含ませた歌詞のこの曲が一番好きで、タチアガールのような本人達の境遇と照らしあわせたりしてグッと来てしまう曲よりも、この曲みたいな歌をもっと…せめてもう1年くらいは4人の状態で歌って欲しかったです。新メンバーのことだって全然嫌いではないけど、あの4人に対して描いていたものがあまりに眩しすぎて辛い。

この地球の平和を本気で願ってるんだよ! / モーニング娘。 (2.0pt)

気持ちとしては「彼と一緒に一緒にお店がしたい!」も含めたシングルとして投票したいです。「彼と一緒に~」へそのまま繋がる構成なのも含めて、高橋愛から新体制への繋ぎとしてとても気持ちのいい素敵なバトン。 湿っぽくてかっこいい曲も好きだったけど、やっぱりこういう明るくてハロプロっぽいファンクが似合うし唄って欲しいグループだなと思いました。

世界一HAPPYな女の子 / ℃-ute (2.0pt)

いろいろとつらい年だったけどアイドルにはこういう夢を見せまくって欲しいです。今のあの5人でこんな曲を歌ってあんなに売れてない事に怒りを覚えるレベル。

愛しく苦しいこの夜に / モーニング娘。 (1.5pt)

亀井絵里最高!


夏ダカラ! / Buono! (1.0pt)

仕掛けとかいわゆる攻めた曲だけじゃなくて、これくらい音数とかもシンプルで歌声を聴かせてくれる曲だってファンは聴きたいんだよという願いのようなものも込めて一票。


今年に入ってからハロプロのアイドルを好きになっていろいろ楽しいことも悲しいこともあった年でしたが、曲の面ではよい曲もたくさんあって面白かったです。こっちも単純に好きな5曲だけど、スマイレージのシングル曲とかモーニング娘の「Only You」「好きだな君が」とか「Fantasyが始まる」なんかも入れようかどうしようか迷ったくらい好きな曲でした。


ハロプロ楽曲大賞2011のアイドル楽曲部門に投票したやつ

Don't Be Cruel / 東京女子流 (3.0pt)

遅いわけでもないけど結構もったりしたビートでスクラッチみたいな音がどしどし入ってきてとにかく格好良いです。 テクテクとかジリジリデレデレみたいな擬声語の部分や、サビの「追い詰める〜」あたりの動詞を重ねる部分なんかもとても印象的でした。

tengal6 / tengal6 (3.0pt)

曲やラップの緩さが調度良い湯加減で、何より自己紹介ソングとして最高に楽しい。 soundcloudにポコポコとリミックスがアップされるのに凄くワクワクしたり、寿司詰めのアシッドパンダカフェでみたライブとか、聴くといろいろと思い出込みで多幸感に包まれるような感覚があります。

Brand New Day / 新聞部 SCOOPERS (さくら学院) (1.5pt)

さくら学院は他の曲も大体全部が素敵だったけど、地味に一番再生したのはこの曲のような気がします。 なんとなく15年位前の土曜日の夕方やっていたTVアニメのEDとか、その辺りの何かを思い出させされるような空気感が心地よいのかなんなのか。あとそれから、別にアイドルってみんながみんなバキバキ踊ったりしなくてもいいよね、と思わされます。


きもち / LinQ (1.5pt)

ゆうみんがかわいい。上品。あとゆうみんがかわいいです。


ア・ナ・ロ・グ / 横山ルリカ、森田涼花、河村唯、酒井瞳、三宅ひとみ、倉田瑠夏、伊藤祐奈、野元愛、後藤郁 (アイドリング!!!) (1.0pt)

さわやかな四つ打ちに乗せてアイドルが歌ってる曲は大体好きで、聴いた中ではこの曲が一番爽やかでよかったです。


ノミネートされてる曲すべてを聴けたわけじゃないし、そもそもアイドルポップスを聴いて評価するような耳に自信があるわけでもないのだけど、ああいう投票イベントは楽しそうでいいなと思って参加させて頂きました。
そんなにアイドルファンの発言が流れてくる訳ではない自分のTwitteのタイムラインなどを通して、自ずと評判が目に入ってきたような曲の中で自分が特に好きなものを5つ選んだらこれかなという5曲です。上にも書いたけどあんまり音楽的な理解も無いので物凄く幼稚で感覚的な判断でしか無いですが。


AIEA2011に投票したやつ

ワナダンス! / Tomato n' Pine

元ネタとかは不勉強で知らないのだけど、Aメロからサビに至るまでの上昇感。特にBメロのシフトチェンジしてサビに向かってく展開とか好きすぎる。歌詞も素敵だし、音数もほどほどだったりして無限に聴ける。

It Girl / A Pink

僕の好きなK-POP。あんまりバキバキしてないのが好きです。

恋をしちゃいました! / スマイレージ

カバーということでなんとなくハロプロ楽曲大賞の方では端の方によけてたんだけど、いい曲の多かったスマイレージのオリジナル曲たちにも匹敵するくらい好き。リリース当時は聞き流していたタンポポの原曲の良さも今年に入ってようやく気づいた。原曲にあってこのカバーにない魅力ももちろんあるけど、こっちにしかない魅力だって沢山あるからいいカバー。合いの手がほんとかわいい。

Roly Poly / T-ara

僕の好きなK-POPその2。ビジュアルのディレクションも含めて何もかもが良かった。なんだかんだいってT-araって曲については絶妙なところ攻めてくるので、ちょっと気持ちが離れていてもきちんとリリースのたびにチェックしようという気分になる。MVでのジヨンのちょっとしたやさぐれ演技とかもいい。

いんたああくしょん / BiS×tengal6

もったりしたビートに女の子たちのけだるい歌とラップ、好きです。

Me, in / Wonder Girls

USメジャー感がガンガン増してく方向性の曲は、あんまり積極的に聴かなかったけど、これは超かっこいい。

Make U Happy / Happiness

この人達にはこういう跳ねるような曲をたくさん演って欲しいです。

Only You / モーニング娘。

最初わけがわからない…と思っていたのが何度か聴いてるうちにAメロがすごくかっこ良く聴こえてきた。高橋愛リーダー体制の怨念みたいな感じがする、 よい意味で。しばらくこういう路線はメインにならないだろうけどいつかまたやってほしい。

Hound Dog (feat. Terukado) / Aira Mitsuki

アイドルソングっていうかほぼダフトパンクだよなと思いつつもこういう黄昏感みたいなやつも好きなので。

カリーナノッテ / コピンク(宮本佳林)

歌声が好きです。来年の期待も込めて。


ハロプロ楽曲大賞の方で並べなかったものの中から選びました。
日本国内でも地方アイドルとかが沢山水面下から浮上してきた上に、今更ながら面白みを知ったハロプロの10年間の楽曲も束になって押し寄せてきたので、その辺りを聴いてるだけで手一杯と言うか十分に思える一年、そういう流れもあって韓国のアイドルはもちろん、タイとかインドネシアなんかも下半期にはほとんど追ってない状態です。ただ追えてないというのもあるけど、特に望んでない日本語版のリリースだったり、ソシや2NE1による非アジアでの成功と一緒にいろいろと興味が薄れてしまったのが正直なところ。

changed January 20, 2013